悪いイメージであった消費者金融の現状

  • Posted on 5月 30, 2014 at 1:17 PM

高利貸しのイメージの濃い時代の消費者金融に対しては、悪質な取り立て、高利の貸付など、極端な場合は夜間の自宅訪問で脅迫じみた取り立て、職場に押しかけて嫌がらせ、もちろんお金を借りた側の返済遅延が原因であるものの、一般的には消費者金融側の極端な行動が世間の非難を浴びる結果になっていました。その当時の返済利息は現在の状況から見て到底信じられないような大きな利率が設定されて、大変な返済負担を強いられていました。その結果、消費者金融は膨大な利益を生み、テレビコマーシャルで派手な宣伝を行っていたことも記憶に新しい。世間の目も厳しくなり、自己破産者が多くなるにつれ法律での規制が敷かれることになった経緯があります。


<生まれ変わった感じがします>

法規制が敷かれてからは、上限利息が設けられ銀行が消費者金融に出資するようになってからは、信頼回復に積極的に取り組みクリーンなイメージを消費者に感じてもらう努力の結果、その存在も生まれ変わった感じがします。


<情報開示で身近な存在になりつつあります>

消費者金融の審査、融資、利息の詳細、返済条件などの情報を詳しく開示するようになってからは、一般の人にとっても身近な存在に感じられるようになってきました。今後は、融資する側とされる側の更なる信頼関係と相互理解を高め、健全な貸金業が営まれることを期待しています。

Top