消費者金融で陥る落とし穴

  • Posted on 1月 31, 2014 at 2:40 PM

消費者金融というのはとても心強い存在ですが、同時に諸刃の剣であることも忘れてはいけません。安全にお使いいただくために、一緒にどうすれば良いか考えていきましょう。


消費者金融で陥りやすい局面

さて消費者金融でお金を借りた後に陥りやすい局面といえば、「いつの間にこんなに借金が増えていたの?」という場面です。
もちろん消費者金融会社も、ごく普通の金融企業ですから、利用者に勝手にお金を貸しつけたりするような真似はしません。違法行為ですからね。
つまり借りているのは自分なのですが、本当に「こんなに借りた覚えがない!」という風におっしゃる方は多いのです。
消費者金融会社のHPなどで借入額を確認してみて驚いて、部屋を見回してみても特に何も変わっていない。良い部屋になっていたり、ベッドがふかふかになっていたりもしない。何に使ったかもあまり覚えていないという状態に陥る人が本当に多いのです。


細かく借りていると余計に陥りやすい

カードローンは、様々なATMで借りられるので、例えば銀行のATMなどで利用していると、脳内の印象としては、銀行からお金を引き出しただけという錯覚を起こしてしまうのです。それによって「自分が借金を重ねている」という印象が薄くなってしまい、しかも1回1回の借入額が数万円単位だと、余計に借りた記憶が残らないですし、何に使ったかも覚えていないものです。
面倒でも、借りるごとに手帳にメモするなどして、自分がお金を借りたという記憶をつけるようにしましょう。

おすすめのweb小説・・・・お金がないギャンブラー、自分の運命を変える!

Top