消費者金融の歴史について知りたい!

  • Posted on 1月 31, 2014 at 2:38 PM

今では消費者金融として定着していますが、以前まではサラ金と呼ばれていました。
なぜそう呼ばれていたのかといいますと、当時はサラリーマンをターゲットとしていたからなのだそうです。
また市街地にあるので街金と呼ばれていることもあったそうですよ。
今よりも金利が高くて取り立ても規制されていなかったので、サラ金地獄という言葉もありましたが現在は法律が変わったのでそんな心配もありません。


消費者金融はいつ変わったの?

その後、サラリーマンだけではなくて大学生や主婦といった感じでターゲットの範囲を広げていったのだそうです。
1980年代頃から消費者金融という名称を使うようになったみたいです。
どちらかといえば、変わってからまだそんなに経っていないのかもしれないですね。
元は同じものですので、世代によって呼び方が変わってくるのかもしれませんね。


連帯保証人になるのは危ないの?

連帯保証人というものがありますが、これは借りる本人が返済困難となった際に連帯して返済をするものです。
世間では怖いといったイメージがまだあるかと思いますが、そんなことはありません。
借りている本人が厳しくなった時に、協力して返済すれば大丈夫だと思います。
それなので他人同士や友人同士での記入はなるべく避けた方がよろしいかと思います。
一番良いのは借りた本人が定期的に返済をする事なので、きちんと守りましょう!

さらに詳しい情報はこちら>>>サラ金と消費者金融に違いはある?

Top