消費者金融の金利について比較してみた

  • Posted on 1月 31, 2014 at 2:39 PM

消費者金融を利用するにあたって一番ネックになるのが「金利」「利息」ですよね。
でも実質年率18%とか言われてもよく分からないのも問題です。
ここではその金利について説明します。


消費者金融の金利について

まず、「金利」や「利息」や「年利」と色々名前が異なるものがありますが、基本的には全部同じと考えて問題ありません。
「利子」だけは、少しだけ意味が付随していて、「預金などにつくもの」という区別をする場合があります。が、消費者金融では出てこない言葉ですので、無視して大丈夫です。
さて、次に「実質年率」についてですが、これは借りたお金に対していくら金利が発生するのかを示す数値です。
例えば100万円借りたとして年率が18%だったら1年後には合計返済額は118万円になっているということですね。


利息額は毎月変わる

しかしこれは1年間何もしなかった場合の数字です。実際は、毎月毎月返済していくわけですから、利息額も変化していきます。
例えば毎月5万円返済していれば、翌月には借金残高は95万円ですよね。100万円の18%と、95万円の18%では、当然計算結果も異なってきます。
ですので、実際に返済を重ねていけば、トータルの返済額は必ず118万円以下になっているはずです(滞納などをした場合は、また別の金利が発生してしまいますので、場合によっては118万円以上になっている可能性もあります)。

Top