You are currently browsing the monthly archives for 1月 2014

消費者金融で陥る落とし穴

  • Posted on 1月 31, 2014 at 2:40 PM

消費者金融というのはとても心強い存在ですが、同時に諸刃の剣であることも忘れてはいけません。安全にお使いいただくために、一緒にどうすれば良いか考えていきましょう。


消費者金融で陥りやすい局面

さて消費者金融でお金を借りた後に陥りやすい局面といえば、「いつの間にこんなに借金が増えていたの?」という場面です。
もちろん消費者金融会社も、ごく普通の金融企業ですから、利用者に勝手にお金を貸しつけたりするような真似はしません。違法行為ですからね。
つまり借りているのは自分なのですが、本当に「こんなに借りた覚えがない!」という風におっしゃる方は多いのです。
消費者金融会社のHPなどで借入額を確認してみて驚いて、部屋を見回してみても特に何も変わっていない。良い部屋になっていたり、ベッドがふかふかになっていたりもしない。何に使ったかもあまり覚えていないという状態に陥る人が本当に多いのです。


細かく借りていると余計に陥りやすい

カードローンは、様々なATMで借りられるので、例えば銀行のATMなどで利用していると、脳内の印象としては、銀行からお金を引き出しただけという錯覚を起こしてしまうのです。それによって「自分が借金を重ねている」という印象が薄くなってしまい、しかも1回1回の借入額が数万円単位だと、余計に借りた記憶が残らないですし、何に使ったかも覚えていないものです。
面倒でも、借りるごとに手帳にメモするなどして、自分がお金を借りたという記憶をつけるようにしましょう。

おすすめのweb小説・・・・お金がないギャンブラー、自分の運命を変える!

消費者金融の金利について比較してみた

  • Posted on 1月 31, 2014 at 2:39 PM

消費者金融を利用するにあたって一番ネックになるのが「金利」「利息」ですよね。
でも実質年率18%とか言われてもよく分からないのも問題です。
ここではその金利について説明します。


消費者金融の金利について

まず、「金利」や「利息」や「年利」と色々名前が異なるものがありますが、基本的には全部同じと考えて問題ありません。
「利子」だけは、少しだけ意味が付随していて、「預金などにつくもの」という区別をする場合があります。が、消費者金融では出てこない言葉ですので、無視して大丈夫です。
さて、次に「実質年率」についてですが、これは借りたお金に対していくら金利が発生するのかを示す数値です。
例えば100万円借りたとして年率が18%だったら1年後には合計返済額は118万円になっているということですね。


利息額は毎月変わる

しかしこれは1年間何もしなかった場合の数字です。実際は、毎月毎月返済していくわけですから、利息額も変化していきます。
例えば毎月5万円返済していれば、翌月には借金残高は95万円ですよね。100万円の18%と、95万円の18%では、当然計算結果も異なってきます。
ですので、実際に返済を重ねていけば、トータルの返済額は必ず118万円以下になっているはずです(滞納などをした場合は、また別の金利が発生してしまいますので、場合によっては118万円以上になっている可能性もあります)。

消費者金融の歴史について知りたい!

  • Posted on 1月 31, 2014 at 2:38 PM

今では消費者金融として定着していますが、以前まではサラ金と呼ばれていました。
なぜそう呼ばれていたのかといいますと、当時はサラリーマンをターゲットとしていたからなのだそうです。
また市街地にあるので街金と呼ばれていることもあったそうですよ。
今よりも金利が高くて取り立ても規制されていなかったので、サラ金地獄という言葉もありましたが現在は法律が変わったのでそんな心配もありません。


消費者金融はいつ変わったの?

その後、サラリーマンだけではなくて大学生や主婦といった感じでターゲットの範囲を広げていったのだそうです。
1980年代頃から消費者金融という名称を使うようになったみたいです。
どちらかといえば、変わってからまだそんなに経っていないのかもしれないですね。
元は同じものですので、世代によって呼び方が変わってくるのかもしれませんね。


連帯保証人になるのは危ないの?

連帯保証人というものがありますが、これは借りる本人が返済困難となった際に連帯して返済をするものです。
世間では怖いといったイメージがまだあるかと思いますが、そんなことはありません。
借りている本人が厳しくなった時に、協力して返済すれば大丈夫だと思います。
それなので他人同士や友人同士での記入はなるべく避けた方がよろしいかと思います。
一番良いのは借りた本人が定期的に返済をする事なので、きちんと守りましょう!

さらに詳しい情報はこちら>>>サラ金と消費者金融に違いはある?

消費者金融はいざという時便利!

  • Posted on 1月 31, 2014 at 2:38 PM

消費者金融について怖いというイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思いますが、正しく利用していればまったく怖いものではなりません。
返済をしっかりしたり適度に借入をしたりと節度を守っていれば問題ありませんので、安心してお使いいただくことが出来ます。
それでも不安な方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時はネットで調べてみるのはどうでしょうか?


消費者金融は身近なものになってきている?

最近ではわりとこの消費者金融が身近なものになってきています。
中には生活する上で利用している方もいらっしゃるかもしれないですね。
消費者金融を利用している方の中には、そのことによって何かが少しずつ変わってきたという方もいるのではないでしょうか。
正しく利用すれば怖いことはないので、うまく活用することも可能だと思います。


本を読んで情報を収集してみよう!

消費者金融について調べるのでしたら、ネットでも良いのですがそういった書籍を読むことが一番良いのではないかと思います。
利用する上でとても参考になりますし、そうすることで失敗などもしなくて済むと思います。
詳しい知識を持っていると利用する際に賢く使う事が出来ると思いますので、そういった書籍を読むこともおすすめします。
口コミを調べるのも参考になるかと思います!

消費者金融の関連サービス・・・・多数の借入を一本化するおまとめローン

消費者金融でお金のピンチを切り抜けろ!

  • Posted on 1月 31, 2014 at 2:37 PM

消費者金融はお金のピンチを切り抜けるための頼もしい切り札です。決してお金にだらしない人が使うものではありません。是非その先入観を捨てていただくためにもご一読ください。


消費者金融で切り抜ける

お金のピンチというのは本当にいつやってくるか分かりませんし、「予想外の出費」というのは何故か立て続けにやってくるものです。お金の神様は性格が悪いとしか思えないようなタイミングの連発を食らったことがある人も多いのではないでしょうか?
筆者も、友達と旅行に行く月(もう旅行代は払ってしまった後)に、妹に「お金貸して」と泣きつかれ、携帯電話が壊れ、仕事用の革靴は底に穴が空いてしまったことがありました。「何で?何で今月なの?せめてどれか一つでも来月か先月に来てくれれば良かったのに。こんなことになるって分かっていたら飲み会の回数を減らすとか対処できたのに!」と涙が出そうになったことも多々ありました。
そんな時に何度も消費者金融に助けてもらいました。


気軽さに甘えないように

過去に何度か起きた問題によって、大手は消費者金融もかなりクリーンな企業へと変貌を遂げました。しかし、いくら安心できるからといって、それに甘えてしまっては危険です。
筆者は「翌月に一括返済出来る額までしか借りない。1回借りたら3か月は借りない」という自分ルールを設け、死守してきたおかげで上手な付き合い方が出来ていると思います。

Top